金毘羅さん in 高松

11月9〜10日まで高松へ行ってきました。
羽田で知り合いの書の先生に出会い、ビックリ。先生は展覧会で会員賞を取った方のお祝いのパーティの出席のため松山へ行くところでした。
友人姉妹と合流して、一路、高松へ。
先生のお宅を拝見。素晴らしいお宅でした。竈で炊いたご飯を頂きました^_^
そのあとに栗林公園へ行ってきました。

翌日は善通寺と金毘羅さんへ*\(^o^)/*行くのです。



10日は、前日まで80%雨の予報。
友人のお姉さんも晴れを呼ぶ人。私も晴れを呼ぶ人なので、3人で翌日は晴れることを信じていました。
(先生の奥方は99%信じていなかったと朝に云われました。)

起きた時は小雨が降っていたのですが、ご飯を食べて、いざ出発となった途端、太陽がお出ましに*\(^o^)/*

まずは空海さんの生誕地、善通寺へ*\(^o^)/**\(^o^)/*

はじめてお遍路さんをみました。

五重塔が素敵でした。

書の名人に書のコトをお願いし、金毘羅さんへ。



善通寺へ行った後、
金毘羅さんへ行ってきました。
噂で聞いていた785段
の階段。
「金毘羅船々
(こんぴらふねふね)
追風(おいて)
に帆かけて
シュラシュシュシュ
まわれば 四国は
讃州(さんしゅう)
那珂の郡(なかのごおり)
象頭山(ぞうずさん) 
金毘羅大権現(だいごんげん)
一度まわれば
なんて思いつつ、
登ってきました。
本宮まで。
そしたら、お神楽が
演奏されていて、
丁度祝詞が終わる
ところでした。
「紅葉祭」だったんです☆☆
嬉しい☆☆
こりゃ、奥ノ院まで
行ってしまおうということで、
行ってきました。
785段にプラス
580段で
1,365段
全部で登ることになります。
登り切りました。
1365段☆☆

画像




奥ノ院で引いた御神籤。
どこかで読んだことのある
文章。。。。

画像


記憶と辿っていくと
春に引いた江島神社の
御神籤でした。
お財布に入っていたので、
照らし合わせて
見たら、番号は同じ。
内容も違う箇所も
あるけれど、大体同じ。
吃驚しました。
こんなことってあるんですね。
これから作品作りに使う
水晶などの岩絵の具に
良い気を頂いて、
奥ノ院から下ることに
しました☆☆
下りは楽で、
スタスタ降りてこられました。
降りてから、饂飩を食べて、
駅まで戻って
来たら、雲行が怪しい。
お天気が下山するまで
待っていてくれていた
みたいで、
空港では土砂降り。
帰りの飛行機は乱気流が
若干あって、
結構揺れました。
それにしても
楽しい珍道中でした☆☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック