雑記

アクセスカウンタ

zoom RSS 老坑

<<   作成日時 : 2019/01/13 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

木曜の夜に、友人に気になる展示が、
銀座のギャラリーでやっているので、
見に行かないか??とお誘いを受けて、
行ってきました。
中国出身の作家さんで、確かに気になるのが、
分かる作風でした。

その後に、ゴハンを食べに行こうとなり、
呑み&ゴハンへ〜。
その時にたまたま硯の話になりまして、
たぶん10年程前に、めっちゃ頑張り、
そして師匠のお力添えもあって、
毎日展に入賞したことがありました。
とても頑張ったので、とても嬉しかったので、
記念に書に関するものを買おうと思って、
考えたのは硯でした。
当時、神田に職場があったので、
栄豊斎さんで歙州硯でも買おうかと
思って訪ねたのですが、実用になるような
大きさの硯が無くて、
それじゃ、噂は聞いていた硯・法帖マニアの
店主のいらっしゃる清雅堂さんへ行ってみようかな〜と
思って、行ったのが。。。。
良いものを色々見せて頂いて、触らして頂いて、
水を入れてさせて頂いて、模様を見せて頂いたら、
一目惚れしてしまった硯がありまして、
それが端渓の老坑の硯で、老坑といえば、
硯の王様中の王様。
値段も半端じゃ無くて。
買ってしまいました。
予算の約倍だったのですが。
値段の表示があって、お財布にあったヘソクリも
全て出したところで、表示価格ギリギリあったのです。
が。。。。。
しかし。
表示価格は税抜き価格だったらしくて。
消費税分、勉強していただきました。
篠田桃紅さんの大きな硯は、きっとココの非売品
の硯に違いないと思っています。
ちょっと気になって、今日、検索してみたら、
2017年の年末に閉店していました。

知識のあるお店だったのに。。。。
残念です。

あの硯マニアの店主いる清雅堂で
硯を買えたことは、
私にとって、とてもハッピーなことだったな〜と、
今になっては思ってしまいます。

木曜の夜に友人と会って、硯の話にならなかったら、
調べもしなかった。。。

年末年始は、老坑の硯で墨を磨って、
何を書こうかな??と、

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
老坑 雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる